腸心セラピー腸から心の解放を促す

腸心セラピーとは

腸心セラピーは、ストレス、トラウマ、コンプレックス、行動を止めてしまう心のブロックなど、心に関連する問題を解消するために腸からアプローチする画期的なセラピーです。

進化の過程で最初にできた臓器として知られている腸は、脳の指令なしに自ら判断して動くことができる特別な臓器と言われています。
日本腸心セラピー協会では「腸からの指令をもとに脳は感情を作り出し、感情は腸が記憶している」ととらえ、腸に溜まった感情の解放を促すことで心にアプローチしていきます。

方法はごくシンプルで、服の上から軽くお腹に触れ、腸に溜まっている負の記憶を解放していきます。
日々感じる軽いストレスから、根深いトラウマ、前世のカルマといったものまで対応可能。新しい問題であるほど短時間で解消でき、過去から継続する複雑に絡まりあった問題であっても、時間と回数をかけることで解消可能です。

腸心セラピーは、改善効果をその場で実感しやすく、一度解放した負の感情が元に戻ることはないことが特徴です。
医療機関にも採用され実績もあるセラピーですので、安心して受けていただけます。

こんな方に

✔ 長年とらわれて進まないことがある
✔ 考えるだけで調子が悪くなることがある
✔ なぜか同じ失敗を重ねてしまう
✔ 子どもや家族のサポートでストレスを抱えている
✔ 長年カウンセリングを受けても、思うように問題が解消しない
✔ 体調と心の問題が関連していると感じる
✔ 叶えたい夢があるが、なかなか進めない

ストレスとトラウマの解消

腸は感情を記憶するのをご存知ですか?
腸は過去に体験してきた感情をすべて記憶していると言われます。なかでもマイナス感情の記憶は、腸の特定部位を固くし、その凝り固まった部位によって、ストレスの傾向を知ることもできます。

腸心セラピーでは、凝り固まった部位をほぐすことで、トラウマとなっている感情を解消します。
その最大のメリットともいえる特徴は、一度解消されたマイナス感情のぶり返しがないことです。
そのおかげで、長期間にわたって抱えてきた問題であっても、比較的短期間で解消していくことが可能なのです。

腸心セラピーはなぜすべての人にとって必要なの?

マイナス感情は、日々の生活を送るうえで知らないうちにあなたの行動を制限し、多くの不適切な問題を引き起こします。

たとえば
• コミュニケーションがうまくいかない
• いつも同じ反応をしてしまい人間関係に支障が出る
• 失敗ばかりの積み重ねで自己肯定感に悪影響が出る
• 無意識な思考の癖によって、問題が未解決のまま長びく
• どう問題を解決するか道筋はあっても、なぜか気が進まずに実行できない
• そのことを考えるだけで、気持ちが不安定になり、ほかのことが手につかない
など・・・

これらのことにより、気づかないうちに自分の生活や人生に大きな支障がでていることがあります。

腸心セラピーでは、そうした危険性を比較的短期間かつ数回の施術で安全かつ簡単に解除していくことが可能です。
行動、精神、身体などの問題で長年にわたり苦しんできた方が、あっけなく問題を解消されることもめずらしくありません。

今後の人生をより軽やかな気持ちで有意義に過ごすためにも、今ここで比較的簡単に根本となるマイナス感情を解消しておくことは、後々の人生にとってなにより重要なことになるでしょう。

これだけメリットのある腸心セラピーは、あなたの抱える問題の大小に関わらず、どんな方にも効果が実感しやすいのが特徴ですので、自信をもってオススメします。

腸心セラピーによって得られる効果の例

抱える問題により効果は様々ですが、以下のような例があります。

★ これまで停滞していた問題が片付きやすくなる
★ 心と結びついた健康問題が解消し体調が良くなる
★ 自己受容、他者受容が上がり、自己肯定感が強くなる
★ コミュニケーションがスムーズになる
★ 社会性の能力が上がる
★ 性格が丸くなり、可愛くなる

※ 効果の出方は人により違います。

腸心セラピーはどのように行われますか?

【 水の入った小さなボトルを使います】
腸の凝り固まった部位に このボトルで服の上から触れていくことで、腸をゆるめ、過去の感情記憶をとらわれのないものにしていきます。

【施術の簡単な手順】

• クライアント様には上向きで横になっていただき、気にかかることを思い浮かべながら、なんらかの反応が起きるお腹の場所を探していただきます(ご自身で感じにくい場合は、探すのをサポートいたします)。

▼▼

• ポイントが決まりましたら、セラピストがボトルでその場所に触れていきます。

▼▼

• 施術中は、何も言わずに横になっていただくだけでもOKですが、思い浮かんだことなど、気になることをお話しになっていただいても構いません。リラックスしてご自由にしていただければ結構です。

※ 服装について:ボトムスはスカートよりパンツがベターです。服の上からボトルでお腹に触れていきますので、お腹周りがゆったりした柔らかい素材のものがオススメ。ジーパンなど硬くて厚い素材はできるだけ避けてください。

【 腸心セラピー 禁忌事項 】

下記項目に1つでも該当される方は、腸心セラピーおよび、腸心セルフケアの実技を行うことができません。ご理解の上、ご参加をよろしくお願いします。
なお、セラピーでは両手をつかいます。両手をつかうことに対し、不安がある方は事前にご相談ください。
※ 下記事項に該当する場合は、事前に告知してください。告知せず起きた関連トラブルについて、日本腸心セラピー協会ならびに認定セラピストは一切の責任を負いません。

● 症状の重い内臓疾患 (重度の心臓病、肝硬変、人工透析中など)
● 腹部を刺激することによって悪化するおそれのある症状(腹部大動脈瘤など)
⇒ 潰瘍性大腸炎やクローン病は、症状の重い時期におこなうと出血などの恐れがあります。
*症状が軽くて本人に不安がなければ受けていただけます
● 過去5年以内にガンおよび悪性腫瘍の診断や治療を受けた方
*治療後5年経過後は受けていただくことができます
● 腹部の手術後半年以内・腹部に怪我がある
● てんかんの持病がある
● 妊娠中・妊娠の可能性がある・産後60日以内
● 小学生未満のお子様・意思疎通の難しい方
● お酒を飲んでいる・二日酔い・体調不良
● 腹部を触られることに対して不安を感じている

※ セッション当日に、上記項目に該当される箇所がある場合、腸心セラピーの施術および、腸心セラピー関連の講座を受けることはできません。
子宮筋腫がある場合も事前に告知してください。 筋腫のある部分以外で腸心セラピーをさせていただきます。
腹部に疾患をお持ちの場合は、好転反応の可能性を考慮し、様子を見ながら腸心セラピーをさせていただきますので、事前に告知してください。
日本腸心セラピー協会 HPより 引用

禁忌事項に関して、ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お問合せ

 

腸心セラピー・パーソナルセッション(対面・遠隔)のご案内

1回の施術が短時間ですむのがこの腸心セラピー・パーソナルセッションの特徴です。
腸が柔らかくなって感情が解放されると内観が進むことから、「すっきりした」という体験者さまからのご感想を多々いただきます。

このパーソナルセッションをご紹介する中でなにより大切にしていることは ”無理強いをしない” ということ。自ら受けてみたいというクライアントさまの意思を尊重します。
また このセラピーは「人生の中で相手をコントロールする力を使わないことに重きを置いている」点が良いところで、ナチュラルな自分自身に戻ることを目的にしています。

体の中でとりわけ大切につきあいたい腸と、あなたも会話してみませんか?

【 ルチアフェリーチェの腸心セラピーは、対面のみならず、遠隔でのセッションが可能 】

2021年4月から遠隔での提供を開始し、リピートのお客さまはすべて遠隔に切り替えられ、効果を実感していただいています。
遠隔セッションは、対面セッションに比べて腸が緩むまでにかかる時間がより短くて済み、同等かそれ以上の効果が得られるという特徴があります。
直接対面することを避けたい、時間の都合をつけやすい などの理由からも、遠隔の形態はとてもオススメです。

腸心セラピーを受けた経験のない方も、初回から遠隔によって受けることが可能です。
ご自身の都合に合うセッション形態を ご自由に選んでみてください。

1時間  11,000 円

※ ルチアフェリーチェでは、腸心セラピーの体験会も随時行っておりますので、お気軽に問い合わせください。

 

お問合せ・お申込みはこちらから

お問合せ
  1. 超豪華な体験会

    2019.09.02

    腸豪華な体験会

  2. 2019.05.25

    HPをリニューアルしました

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。