禁忌事項について腸心セラピー・腸心セルフケア・オモシロ腸相診断

腸心セラピー禁忌事項

【 禁忌事項 】

※ 下記項目に1つでも該当する場合は、事前に告知してください。
告知せず起きた関連トラブルについて、日本腸心セラピー協会ならびに認定セラピストは一切の責任を負いません。
※ 下記項目に該当される方は、腸心セラピーおよび、腸心セルフケアの実技を行うことができません。
ご理解の上、お申込み・ご参加いただきますよう よろしくお願いします。

● 症状の重い内臓疾患 (重度の心臓病、肝硬変、人工透析中など)
● 腹部を刺激することによって悪化するおそれのある症状(腹部大動脈瘤など)
⇒ 潰瘍性大腸炎やクローン病は、症状の重い時期におこなうと出血などの恐れがあります。
*症状が軽くて本人に不安がなければ受けていただけます
● 過去5年以内にガンおよび悪性腫瘍の診断や治療を受けた方
*治療後5年経過後は受けていただくことができます
● 腹部の手術後半年以内・腹部に怪我がある
● てんかんの持病がある
● 妊娠中・妊娠の可能性がある・産後60日以内
● 小学生未満のお子様・意思疎通の難しい方
● お酒を飲んでいる・二日酔い・体調不良
● 腹部を触られることに対して不安を感じている

※ セッション当日に、上記項目に該当される箇所がある場合、腸心セラピーの施術および、腸心セラピー関連の講座を受けることはできません。
子宮筋腫がある場合も事前に告知してください。 筋腫のある部分以外で腸心セラピーをさせていただきます。
腹部に疾患をお持ちの場合は、好転反応の可能性を考慮し、様子を見ながら腸心セラピーをさせていただきますので、事前に告知してください。
遠隔腸心セラピーに関しては、禁忌事項に該当されていても受けることができます。

禁忌事項に関して、ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

禁忌事項は日本腸心セラピー協会 HPより 抜粋
お問合せ

  1. 超豪華な体験会

    2019.09.02

    腸豪華な体験会

  2. 2019.05.25

    HPをリニューアルしました

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。